黒猫のおもちゃ箱
bc661-128 by やなせ作品を見る
作家さんからのコメント
黒い仔猫がおもちゃ箱を前に、何して遊ぼうかと思ってます。

魚は、ふわふわ。

おさかなはおもちゃ箱から取り出すことができて、おもちゃ箱の底にはスポンジが入っているので、おさかなのかわりに小物やアクセサリーなどを入れて小物入れにしたりしても良いかも。
 
のろぺこコメント
革ひもの首飾りをつけた黒猫ちゃん。おさかなの入った箱を大事そうに抱えて、ちょこりんと座ってます。まだ幼さの残る、ふっくらしたお顔がなんともかわいいです(*´艸`*)

手芸用の軍手を使ってつくられた、ふっくらかわいい黒猫ちゃんのぬいぐるみです。軍手を使ったぬいぐるみって、ふっくらしたまるみとあたたかいぬくもりがあってとってもかわいいですよね。手芸用の軍手を使ってつくられてるので、作業用軍手みたいにごわっとした手触りではなく、心地いい手触りの猫ちゃんに仕上がってます。

水色のつぶらな瞳にピンクの小さなお鼻、ぴょこんとかわいいお耳、銀糸で刺繍されたまっすぐきれいなおひげ・・・お顔の表情や手足のにくきゅうは、きれいで細やかな刺繍で表現されてます。光のさした瞳は、まるでうっとりこちらを見つめているみたいです。この作家さんのお宅にも猫さんがいらっしゃるそうなんですけど、この猫ちゃんの瞳を見ていると、猫ちゃんのことを大切に想う作家さんのココロまで伝わってくるような気がします。

刺繍のきれいさが、猫ちゃんの表情を一層かわいらしくきらめかせてますね。これ、実はすべて、作家さんがご自身で紡いで整えた絹糸をつかって刺繍されてるんですよ~。自分で絹糸を紡いで、色を染めて刺繍する・・・というのは、日本刺繍の技法なんだそうですが、こういう確かな技術や表現力は、さすが、長くプロの日本刺繍作家をされてきたこの作家さんならではですね。

猫ちゃんは、からだはペレットを入れて安定よく、そしてお顔や手足、しっぽにはしっかり綿を入れてふんわり仕上げてあります。足のあいだに挟んだ箱は、厚紙を芯に、布を貼ってつくられています。このまま飾ってもかわいいし、箱をはずして猫ちゃんだけにしたり、箱からおさかなさんを出して小物入れにしたり・・・なんてのもかわいいと思います~。

(猫ちゃんの両足は、開きすぎないように、箱の下になるところを細い糸でつないでありますが、箱を挟んで飾りやすいようにするためのものなので、不要な場合はこの糸は切って外していただいても大丈夫です。)
 
使用素材
手芸用軍手、手芸用綿、ペレット、革紐、糸(絹刺繍糸)、厚紙、布(コットン)
 
詳細情報
• 猫は座った状態でタテ約8.5cm×ヨコ最大約7cm×高さ約11cm(しっぽと両手含まず) • しっぽの長さ約3.5cm • 箱はタテ約4.2cm×ヨコ約3.1cm×高さ約3.3cm • おさかなの長さ約7.5cm
 
画像はなるべく実物に近く調整して掲載していますが、ご覧になる環境によって実際と印象が異なる場合があるかもしれません。どうぞご了承ください。
ギャラリーのろぺこについて
ギャラリーのろぺこは、全国の作家さんから届けられた、ハンドメイドの雑貨にアクセサリーに猫雑貨などの手づくり作品をご紹介している福岡の雑貨屋さんです。
 
丁寧につくられた素敵な作品たち。
他にはない自分だけのお気に入りを見つけてくださいね♪
 
※通信販売の在庫は随時更新していますが、店頭でも販売していますので、入れ違いで売り切れの場合はご容赦ください。
のろぺこへのご出展(委託販売)について
のろぺこでは、ハンドメイド雑貨、アクセサリー、猫雑貨など、真剣にモノづくりしている作家さんのご出展(委託販売)を、遠近問わず常時受付しています。
 
作家さんが主体的に製作された手作り作品であれば、イラストを印刷したポストカードや、鋳型で製作した金属作品などももちろんOKです。(アイデアだけ・デザインの一部にかかわっただけ・工業的に量産しているなど、手作り作品と呼べないものはお断りします。)
 
のろぺこへのご出展(委託販売)の詳細やお申込みはこちら