土鈴 岡崎の怪猫 ~ 一鵬斎芳藤作『五拾三次之内猫之怪』より
作家さんからのコメント
国芳の弟子、芳藤の浮世絵を土鈴にしました。

師の遊び絵の才を引き継ぎ。芳藤最高の傑作だ。
 
のろぺこコメント
一鵬斎芳藤(歌川芳藤)の有名な浮世絵、『五拾三次之内猫之怪』に描かれた怪猫をモチーフに、存在感のある見事な土鈴に仕上げられてます~。

『五拾三次之内猫之怪』は、小さな猫が寄り集まって、大きな怪猫の顔になっているというインパクトのある作品で、芳藤の師である歌川国芳が得意にしていた「はめ絵」という手法で描かれています。一見怖い怪猫ですけど、絵師の遊び心から生まれた「はめ絵」だけに、なんだかユーモラスに感じられるのが面白いですね。

こちらの土鈴も、目じりのあたりにいる小さな猫ちゃんなんか、実はまったり穏やかな表情で丸くなってたりして、細かく見てるとなんだか楽しくなってきちゃいます( ´艸`)

それにしても、平面に描かれたモチーフを、上手く立体的に表現されてるな~と思います~。浮世絵なので本来は裏面はわからないんだと思うんですけど、こちらの作品では、裏側には黒塗りの怪猫の顔が表現されてます。『五拾三次之内猫之怪』はもともと、『尾上梅寿一代噺』という歌舞伎の中に出てくる、すだれを破って巨大な猫があらわれる場面を描いたもので、実は師である歌川国芳も同じ場面を浮世絵に描いています。裏側の猫は、なんとなく国芳の描いた猫に似てる気がします。

この作品は、作家さんがご自身で手作業で作陶した素焼きの土鈴に、顔料で彩色して仕上げられています。やさしく揺すると、陶器特有のカラコロと澄んだやさしい音がします。土鈴は古来から、その澄んだ音で福を招き、魔を払うといわれています。そういえば、鬼の置物も悪いものが外から家に入ろうとするのを防いでくれるといいますし、この作品なら飾ってるだけでもとっても縁起がよさそうですよね~( ´艸`)

(土鈴は素焼きに顔料で彩色した作品ですので、強い衝撃や水濡れ、直射日光などは破損・汚損の原因になりますのでご注意ください。ほこりなどは、乾いた柔らかい布や刷毛などでやさしく払ってあげてください。)
 
使用素材
陶土、顔料、荒縄
 
詳細情報
• タテ約10cm×ヨコ約13cm×高さ約15cm • 重さ約1083g
 
画像はなるべく実物に近く調整して掲載していますが、ご覧になる環境によって実際と印象が異なる場合があるかもしれません。どうぞご了承ください。
ギャラリーのろぺこについて
ギャラリーのろぺこは、全国の作家さんから届けられた、ハンドメイドの雑貨にアクセサリーに猫雑貨などの手づくり作品をご紹介している福岡の雑貨屋さんです。
 
丁寧につくられた素敵な作品たち。
他にはない自分だけのお気に入りを見つけてくださいね♪
 
※通信販売の在庫は随時更新していますが、店頭でも販売していますので、入れ違いで売り切れの場合はご容赦ください。
のろぺこへのご出展(委託販売)について
のろぺこでは、ハンドメイド雑貨、アクセサリー、猫雑貨など、真剣にモノづくりしている作家さんのご出展(委託販売)を、遠近問わず常時受付しています。
 
作家さんが主体的に製作された手作り作品であれば、イラストを印刷したポストカードや、鋳型で製作した金属作品などももちろんOKです。(アイデアだけ・デザインの一部にかかわっただけ・工業的に量産しているなど、手作り作品と呼べないものはお断りします。)
 
のろぺこへのご出展(委託販売)の詳細やお申込みはこちら
11月の営業カレンダー
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
営業 おやすみ
12月の営業カレンダー
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
営業 おやすみ
営業時間と定休日
水~土 12:30~21:00
日・祝 13:00~19:00
定休日 月・火・毎月10日
 
 
ホームページに掲載されているすべての記事や画像などコンテンツはのろぺこの承諾なしに無断転載できません。
© Gallery NOROPEKO™ All Rights Reserved.
site stats