古布人形 うさこの嫁入り (鳳凰柄正絹羽織・正絹黒留袖) 【m】
作家さんからのコメント
お婿さんには、おめでたい鳳凰柄の男物正絹羽織に古布の丸帯。花嫁さんには、古布の正絹黒留袖を使用しています。色や柄の良い部分を使って制作しました。

花嫁さんの髪飾りは人形用の花嫁かんざしを挿しています。

帯の台布付きです。ご結婚祝いとして、また受付に飾られてお客様をお迎えしても喜ばれます。

うさぎの作品は『うさこシリーズ』と名付けてシリーズ化しています。

白うさぎは昔から、汚れがなく清らかと言われています。また前にジャンプすることから物事が躍進すると言われたり、子孫繁栄で縁起が良い動物と言われています。


【古布作品へのお取り扱いについて】

作品の素材は、時代を経た古い正絹ちりめんや金紗の着物、また正絹帯を解いて使用しています。正絹は水に濡れると色がにじんだり、縮みや型崩れを起こす可能性があります。また、直射日光などの強い光に長時間当てますと、せっかくのキレイな発色や柄が色褪せる原因になりますので、展示場所やお取り扱いにご注意ください。
 
のろぺこコメント
ステキな和雑貨の作品のうさぎさん。古布を使って作られた『うさこシリーズ』です。

着物の伝統柄には意味があるそうです。花婿さんは鳳凰柄の着物ですが、鳳凰は古来中国より言い伝えられてきた伝説の鳥です。平和で幸せな世界が実現されるときに現れると言われている鳥なんです。

花嫁さんは、赤や黒のお色がステキな帯留めの着物。梅の花が描かれています。梅の花は厳しい冬を耐え忍び、後の春に美しい姿を見せてくれるため『美』『忍耐力』を表しているそうです。また梅(うめ)は産めの掛詞から、安産祈願も込められている柄なんだそうですよ~。ご出産される方への贈り物にもいいですね。

お顔の表情も愛らしく、そしてとてもやさしいですね。アクリル絵の具バージョンと色鉛筆バージョンの2種類を使い分けて手描きしてるそうです。ほっぺのピンクのお色は化粧品の頬紅だそうです。

「お顔を描く時、精神統一して、穏やかな気持ちになぁれ。落ち着け〜私。と暗示をかけながら描いてます。」

・・なんだそうです。作家さんの人となりを想像してしまいますね♪( ´艸`)💕

台座部分も帯です。片側に文字が描かれており、もう片側はお茶色の無地です。お部屋のインテリアに合うように、お好みで飾って良いと思います。

お雛様を飾る季節に飾るのはもちろんですが、年中お部屋に飾っていただけるインテリア雑貨のうさぎさんです。本体はペレットが入っているので、飾った時もちゃんと安定が良いです。
 
使用素材
人形土台部分(紙粘土・古布ちりめん)、古布(正絹ちりめん・金紗・帯地・絞り布)、飾りパーツ(かんざし・帯飾りなど)、中綿、ペレット
 
詳細情報
• 花婿さん:底部分最大幅約タテ9cm×ヨコ12cm×耳までの高さ22cm • 花嫁さん:底部分最大幅約タテ9cm×ヨコ12cm×耳までの高さ20cm • 台の帯は約タテ15cm×ヨコ30cm
 
画像はなるべく実物に近く調整して掲載していますが、ご覧になる環境によって実際と印象が異なる場合があるかもしれません。どうぞご了承ください。
ギャラリーのろぺこについて
ギャラリーのろぺこは、全国の作家さんから届けられた、ハンドメイドの雑貨にアクセサリーに猫雑貨などの手づくり作品をご紹介している福岡の雑貨屋さんです。
 
丁寧につくられた素敵な作品たち。
他にはない自分だけのお気に入りを見つけてくださいね♪
 
※通信販売の在庫は随時更新していますが、店頭でも販売していますので、入れ違いで売り切れの場合はご容赦ください。
のろぺこへのご出展(委託販売)について
のろぺこでは、ハンドメイド雑貨、アクセサリー、猫雑貨など、真剣にモノづくりしている作家さんのご出展(委託販売)を、遠近問わず常時受付しています。
 
作家さんが主体的に製作された手作り作品であれば、イラストを印刷したポストカードや、鋳型で製作した金属作品などももちろんOKです。(アイデアだけ・デザインの一部にかかわっただけ・工業的に量産しているなど、手作り作品と呼べないものはお断りします。)
 
のろぺこへのご出展(委託販売)の詳細やお申込みはこちら