aa001-46 古布 泥大島の通帳入れ 花紋 からし色と古代紫
作家さんからのコメント
質の良い泥大島を中心に使い、フタつきの小物入れにしました。

通帳やスマートフォン、お数珠などを入れられます。

ふたの部分に使用した古布は、男性用着物の羽織裏です。
すべて手縫いで仕上げています。手縫いならではの味わいや風合いを感じていただければ幸いです。

※古布は丁寧に下処理して仕上げていますが、時に江戸時代のものなどもある時代を経た素材のため多少のダメージなど特有の特徴が見られる場合がありますので、どうぞご了承ください。そうした部分も、時代を経た素材ならではの魅力としてお楽しみいただければと思います。
のろぺこコメント
古い着物地をつかってパッチワークでつくられた、落ち着いた色や質感がとてもステキな通帳入れ。作家さんご自身ですべて手縫いで仕上げられています。着物地の色や柄をうまくいかした、古布を短冊状に組み合わせたデザインが目をひきますね~。

大島紬は、絣で生み出される大島独特の美しい柄が全体に織り込まれています。深い暗茶色のなかに不意に浮かんだ、花文様の中心の深赤色がとても印象的です。そこに短冊状にあわせられたからし色と古代紫のちりめんが、大島紬の質感高い魅力を一層引き立てていますね。使っているうちに擦れやすいような箇所にはしっかりした大島を使われているので、実用面でも安心ですね。細かなところまで配慮してつくられてるな~と思います。

内側には柿茶のようなくすんだ緑黄色地に漢詩や落款が描かれた羽織裏(羽裏)をつかってあります。芯地を入れて仕上げられているので、しっかりとした手触りです。羽織裏というのは羽織の内側のことで、羽織を脱いで初めて人の目に触れる箇所なので本来は無地でもよさそうなものですが、江戸時代、そういう見えない部分にこだわるのが粋だという「裏勝りの美学」というものが広く定着して、なので羽織裏には個性的な面白い柄がたくさんあるんだそうです。そういう生地を内側に使うのは、まさに裏勝りの美学ですね。こういうところにも、着物という文化の一端を感じる気がします。

通帳入れとしてはもちろんですが、お数珠入れにしたり、スマートフォンを入れるのにもちょうどよかった~というかたもいらっしゃいましたよ~。手なじみのいい適度なサイズなので、質感高いステキなファッション小物としても存在感を発揮してくれそうです。

※古布は時間を経た生地です。破損の原因になりますので、あまり手荒な扱いは避けてください。汚れが付いた場合などは、着物と同様、そっとハンカチ等で吸い取らせるなどして、こすったりしないようお気を付けください。
素材やサイズなど詳細情報
着物地(大島紬・ちりめんなど)、芯地
閉じた状態でタテ約10.5cm×ヨコ約16.5cm(マチなし)
画像はなるべく実物に近く調整して掲載していますが、ご覧になる環境によって実際と印象が異なる場合があるかもしれません。どうぞご了承ください。
通信販売について
全国の作家さんから届けられたてづくり作品たちは、のろぺこ店頭のほか、のろぺこウェブショップミンネクリーマで通販も行っています。のろぺこウェブショップでは動画付きで作品を詳しくご紹介しています。
 
在庫状況は随時更新していますが、店頭でも販売していますので、入れ違いで売り切れの場合はご容赦ください。
 
(作品売上の一部は猫のためや自然保護団体への寄付等に活用させていただきます。)
 
のろぺこへのご出展(委託販売)について
のろぺこでは、ハンドメイド雑貨、アクセサリー、猫雑貨など、真剣にモノづくりしている作家さんのご出展(委託販売)を、遠近問わず常時受付しています。
 
作家さんが主体的に製作された手作り作品であれば、イラストを印刷したポストカードや、鋳型で製作した金属作品などももちろんOKです。(アイデアを出しただけだったり、デザイン等の一部に関わっただけ、工業的に量産しているなど、てづくり作品と呼べないものはお断りします。)
 
 
ホームページに掲載されているすべての記事や画像などコンテンツはのろぺこの承諾なしに無断転載できません。
© Gallery NOROPEKO™ All Rights Reserved.